Event is FINISHED

DESIGN TOUCH CONFERENCE by 東京ミッドタウン・デザイン部 トークセッション 「鹿児島 睦×設計事務所ima(小林恭+マナ)」

Description
東京ミッドタウン・デザイン部では、10/26(金)-29(月)まで、東京ミッドタウン「DESIGN TOUCH」と合同で4日間で11本のトークセッションを実施する「DESIGN TOUCH CONFERENCE ー みらいのアイデアを学ぶ」を開催します。


DESIGN TOUCH CONFERENCE by 東京ミッドタウン・デザイン部
トークセッション6| 「鹿児島 睦×設計事務所ima(小林恭+マナ)」

「日本人の暮らし」をテーマに生まれ、今日まで62万6千脚を超えるロングセラーを記録する飛騨産業の代表作「穂高」の発売50周年を記念し、陶芸家であり芸術家としても知られる鹿児島睦氏が、「穂高」の新しい花柄布<ナベダイラ>を創作。新しくも暖かく懐かしい、とても魅力的なファブリックが誕生しました。
東京ミッドタウン・ガレリア内のインテリアショップ「HIDA」では、鹿児島睦氏の布地による穂高を展示する他、同氏のハンドメイド作品も展示・販売します。

本トークセッションでは、鹿児島 睦氏、同氏と親交が深い設計事務所imaの小林恭氏、マナ氏を迎え、お互いの創作活動やそのデザインの秘密についてお話をお伺いします。

日時:10月27日(土) 16:00-18:00
会場:東京ミッドタウン・4F カンファレンスルームRoom1+2
定員:100名(事前申込制)/ 入場無料

スピーカー:
鹿児島 睦(アーティスト)
小林恭+マナ(設計事務所 ima )


スピーカープロフィール:

鹿児島 睦(かごしま まこと)

福岡生まれ。美術大学卒業後、インテリア会社に勤務しディスプレイやマネージメントを担当。 2002年より、福岡市内にある自身のアトリエにて陶器やファブリック、版画などを中心に制作。 日本国内のみならず、L.A.、台北、ロンドンなどで個展を開催、近年では世界中にファンが広がっ ています。作品制作の他、国内外のブランドへ図案の提供も行っており、陶器にとどまらず、ファ ブリックやペーパーなど様々なプロダクトを発表。また、国際的なアートプロジェクトへの 参加や、空間への壁画制作など活動の幅は多岐に渡ります。




設計事務所 ima(イマ) 小林恭+マナ

1998 年設計事務所イマを設立。物販、飲食のインテリアデザインを主軸にプロダクトデザイン、住宅建築、展覧会の会場構成なども手掛けている。場所やブランドを活かしたコンセプトづくり、使いやすさや機能性の向上の中にバランス感覚やユーモアを織り交ぜたデザインを追求して設計活動を行っている。主な仕事に「マリメッコ」の日本および世界の主要都市の店舗をはじめ、「ラプアンカンクリ」のフィンランド・ラプア店、
「ファミリア」代官山店、「イル ビゾンテ」日本の全店、中川政七商店が手がけるお土産物店「日本市」など。


当日のお願い:
今後、東京ミッドタウンのイベントに関するお知らせ等をさせていただくため、
受付の際にお名刺をお持ちの方は1枚頂戴したく、お声がけさせていただきます。
もちろんお名刺のない方でもご参加いただけます。

▼個人情報保護方針
http://www.tokyo-midtown.com/jp/privacypolicy/
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#381067 2018-10-22 09:05:02
More updates
Sat Oct 27, 2018
4:00 PM - 6:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
東京ミッドタウン・カンファレンス(ミッドタウン・タワー4F)
Tickets
参加申込み FULL
Venue Address
東京都港区赤坂9-7-1 ミッドタウン・タワー4F Japan
Organizer
東京ミッドタウンデザイン部
1,785 Followers